やりがいのある、鑑定士の仕事

幸せを招く占いであって欲しいです

バイトで占い師をしています。お客さんはみんな真剣です。お金を出して相談をしに来ているのですから、本当に悩んでいる方が多いのです。周りの人に話せないような大きな悩みや、誰かに相談をしたけれど解決できなかったという方が占いに来るのです。奥さんに隠れて借金を抱えているという男性に占いを依頼されたことがあります。競馬とパチンコにはまってしまって借金が膨らんだそうです。このまま隠し通せるか教えてほしいと言われました。占って、隠し通せないけれど奥さんに事情を打ち明ければ状況は好転すると伝えました。男性はそうは言っても伝えたら離婚されるに決まってると嘆いていました。それでも最後は頑張って妻に話してみると言って去って行きました。男性の運勢が良い方向に向かうことを祈っています。
また、旦那の浮気が発覚して離婚するべきか悩んでいるという女性にも占いを依頼されたことがあります。まだやり直す見込があると占いの結果を伝えました。女性は子どももいるし、まだあの人のことを好きだし頑張ってみようかなと言っていました。あの女性の家庭が再び円満になって欲しいと思いました。占いの結果は必ずお客さんの意に沿うものとは限らないのですが、これをきっかけに幸せになって欲しいと思います。

占いの世界はイメージするよりも大変なものでした。

つい先日、アルバイトの求人サイトで「占い師募集」という内容のものを見つけて驚きました。これは私個人のイメージですが、占い師というと生まれ持った才能があって、一般人には分からないような次元の修行とか勉強をしてようやくなれるものだと思っていたのです。
占いに詳しい友人にこの事を話すと爆笑されました。そんなイメージはマンガとかの世界だけで、実際は誰でもなろうと思えばなれるものらしいです。友人によると、今の日本では占い師になるための特別な資格などは必要なく、占いの学校に通ったり、弟子入りなどを経て占い師になるのが一般的みたいです。年収は平均300万円くらいで、稼ぐ人は年収1000万円以上になることもあるとか。ですが、最近は需要も多い分競争率が激しくて、稼げるようになるにはやはり相応の才能や実績などが必要になるみたいです。占い師の世界も大変みたいです。もちろん、霊感などを持った占い師は売れるみたいですが、そうでない占い師は占いの技術を磨いて良い評判を得るしかないみたいです。